FRP仁王マスクを作ろう その2

11月19日

造形11日目。石膏で型取りに入ります。
切金を分割ラインに差し込んでいきます。
IMG_9905
昔買ってた石膏の余りも使い切ります。
IMG_9908

11月20日

丸1日かかって石膏で覆いました。サイザルという植物繊維で補強しながらいくと薄くて済みます。
IMG_9914
石膏を壊さないように原型から剥がすのですが、難しそうだったので顎の内側の方から原型を破壊して剥がしました。
IMG_9919
剥がした石膏型。
IMG_9922
気泡が入って欠けたところは粘土を埋めて整えていきます。
IMG_9925

11月23日

FRP造形の間ではおなじみのリンレイ床ワックスブルーを剥離剤として塗り込みます。
ちなみに全然ブルーじゃないです。
IMG_9939
床ワックスがよく乾いたところで、次にPVA(ポリビニールアルコール)を塗っていきます。
200円位で売っている洗濯糊です。透明でわかりにくいので絵の具で青く着色して使いました。
IMG_9940
床ワックスが効いていて始めはPVAを弾くのですが、根気よく何回も乾かしては塗り、乾かしては塗りを繰り返します。
ボクは刷毛を使わず指先で伸ばしながら塗りこんでいきました。

このPVAがFRPを剥がす際に非常に効果を発揮します。
邪魔くさい作業でも飛ばせません。

11月24日

いよいよFRPを貼っていく作業に移ります。

FRPは結構な匂いを発生するので野外作業です。
またガラス繊維を吸い込むと危険なのと服などに付くのを避ける為に完全防御で臨みます。
ちなみに全部百均で揃えました(笑)
IMG_9941
一層目は表面になる部分。
ガラス繊維は無しで少しタルクを混ぜて粘度をつけたポリエステル樹脂を刷毛で塗ります。
硬化剤は多めにして硬化時間を早くしておきます。

一層目が程よく固まってきたところで二層目。ノンストップで作業しているので写真を撮っていません。

ガラス繊維を貼って行くのですが、ガラス繊維のマットはあらかじめほぐしておくと樹脂の浸透がよく作業が楽になります。
二層目はタルク無しで硬化剤もやや少なめにしてじっくり塗りこんでいきます。
慌てるとガラス繊維と一層目の隙間に気泡が入ったまま固まって後々大変な事になります。
IMG_9944

PVAの剥離剤が効いてパカっと外れました。
コツは樹脂が完全硬化する前のまだフニャッと曲がるうちに剥がすことです。
IMG_9946
青いPVAが樹脂と一緒にひっついて外れますが擦れば簡単にはがせます。

はみ出した繊維部分をカットして、養生テープで仮組みし、内側をFRPで継ぎ接ぎします。
IMG_9951

11月25日

素組みしたFRP。
IMG_9955
骨の折れる大きな作業はひとまず終わりですが、ここからは修正修正の細かい作業に入ります。

FRP仁王マスクを作ろうその3」につづきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中