輝け☆ベスト仁王大賞2014 パート1

全国仁王ファンの皆様、今年もやってまいりました。

大晦日です!
2014年のベスト仁王大賞の発表です!

2014年は1月の恒例となった九州仁王行脚を皮切りに、7月に未踏の山口県の山陰側を巡り本州の全地域を踏破、10月には遂に念願の北海道仁王行脚を果たす大変実りのある年となりました。

今年も紹介すべき仁王さんが目白押しで15部門4パートに分けております。それでは部門ごとに発表してゆきましょう。

【アングリー部門】
仁王尊といえば忿怒の顔です。怒ってナンボ。アングリーこそが仁王さんのアイデンティティーといえます。
今年一番の怒りっぷりを見せてくださった方々です。

◆兵庫県篠山市 和田(わでん)寺 〈6月28日〉
001wadaji 001wadaji1

鎌倉時代中期~後期の作と推定され、篠山市指定文化財にもなっている金剛力士像です。相当怒ってはります。この顎が張ったお顔は近畿でよく見かけます。

001wadaji_b

◆福岡県飯塚市 大分(だいぶ)八幡宮 〈7月12日〉
002daibuhachimangu 002daibuhachimangu2

奈良時代に創建され、天正5年(1577)に戦国大名秋月種実が再建したという神社。神仏習合を残す随身門に立つ場合、通常表に随神像、裏手に仁王が隠されるように立つ事が多いのですが、こちらでは堂々と表に仁王さんを安置しています。この辺り仁王文化に寛容な九州らしいです。
吽形さんは鬼のような牙をむき出しにしてお怒りです。

002daibuhachimangu_b

【スマイリー部門】
普段怒ってばかりの人が笑っているとどうでしょう。ギャップのあまりとてもいい人に見えてしまうでしょうか。それともその笑顔の奥に本当の怒りを感じ取ってしまったりするかもしれません。
たまに仁王さんは笑っています。ニコニコと。ツイッターのフォロワーさん提唱によりそんな笑う仁王を“仁コ王”と呼びます。

◆神奈川県横浜市鶴見区 松蔭寺 〈1月8日〉
003shoinji 003shoinji2

戦国武将で後に出家した里見義尭(さとみよしたか)を祀る義尭入道尊堂を護る仁王さん。ニッコリ笑って「だよね~♪」って感じの阿形さんです。今年一発目の仁王さんでした。

003shoinji_b

◆福島県福島市 清水観音 〈7月9日〉
004kiyomizukannon 004kiyomizukannon2

山田区の日吉神社から明治の神仏分離の際に移設されたのだそうです。ポーズも造形もなかなか個性的で東北らしさが見られます。ヒゲの部分が口角に見えて仕方がないので選出です。阿形さんも幾分笑っています。

004kiyomizukannon_b

【トライアングル部門】
唯一のオーソドックスでカッコイイ仁王さんを紹介する部門です。トライアングルとは引き締まった逆三角形ボディのこと。故にここでは近畿地方の鎌倉~江戸初期の正統派が選ばれがちです。

◆兵庫県加東市 朝光寺 〈6月30日〉
020chokoji2 020chokoji1

本堂が国宝に、鐘楼が重文に指定されている名刹朝光寺には江戸時代初期~中期の仁王門があり、おそらくその時代のものであろう金剛力士が立っておられます。天衣に髻、玉眼とおおよそ朽ちそうな部分は全て綺麗に朽ちていますが、その均整のとれたプロポーションから腕の良い中央仏師の作であることが見て取れます。修復希望。

020_0630_03chokoji_b

◆滋賀県甲賀市 慈音院 〈4月22日〉
021jionin2 021jionin1

比叡山延暦寺のお膝元滋賀県は甲賀市の古刹慈音院。信長の焼き討ちにより多くの寺院が仁王像もろとも灰になっており、その後仁王像を祀らない浄土真宗の隆盛により仁王像が非常に少ない我が故郷です。しかし忍者の里にひっそりと鎌倉時代作といわれる金剛力士がいらっしゃいました。

021_0422_02jionin_b

【ベスト・ドレッサー部門】
いつも裸で立ってらっしゃる仁王さん。オシャレとは程遠い印象がありますが、いえいえ、なかなかどうしてファッションリーダー的な一面も覗かせています。

◆北海道小樽市 不動院 〈11月26日〉
019fudoin2 019fudoin1
019fudoin3

北海道三十六不動尊霊場30番の不動院です。近代的なガラス張りの仁王門におられました鉢巻仁王さん。手首にはミサンガ、片手にファンからのプレゼントの草鞋を沢山ぶら下げてかなりの人気者だとお見受けしました。
東向きに建っている仁王門ですので、朝に行くと短い時間で朝日を浴びる前と後の姿が拝めます。奉納銘を見ると平成の仁王さんのようですが、ありがちな曹洞ファミリーや逆手金剛ではなくどこか江戸っぽいお姿のオリジナルなところが好評価です。

019fudoin_b

◆熊本県玉名市 菅原神社 〈1月19日〉
006sugawarajinja1 006sugawarajinja2

南のオシャレさんです。頭上に戴いているのは草鞋でしょうか。斬新ですね。腰には注連縄を巻き、片手を添えてまるで踊っているかのような仕草です。石仏文化の九州らしい仁王さんです。

006sugawarajinja_b

パート2に続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中